野生鳥獣防護柵設置事業補助金(新型コロナウイルス感染症対策)

公開日 2020年09月09日

野生鳥獣防護柵設置事業補助金(新型コロナウイルス感染症対策)について

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、野生鳥獣捕獲・駆除従事者の活動が制限されることから、野生動物による農作物の被害防止を目的として、防護柵の資材購入に対する補助を以下のとおり実施いたしますので、ご活用いただき早めの対策をお願いいたします。

 なお、今年度、すでに野生鳥獣防護柵設置事業補助金を申請している方は対象外となりますのでご了承ください。

補助対象者

 市内の農地を耕作し、継続的に農作物を生産している者又は団体

 なお、複数名や集落単位での申請も可能です。

補助の要件

 獣害用防護柵(電気柵、トタン板、ワイヤーメッシュなど)を新規に購入又は買い換えて設置する場合

 ただし、取付、設置費及び除草シート等は除きます。

 補助金の交付は1会計年度(4月1日から翌年3月31日まで)につき1回限りとなります。すでに今年度補助金を申請している方は対象外となります。

補助金の額

 資材購入費の2分の1

 ただし、千円未満は切り捨てることとし、個人にあっては10万円、団体にあっては15万円を限度とし、予算の範囲内で交付します。

提出書類

申請時に提出する書類

完了後に提出する書類

補助金請求の際に提出する書類

補助金申請のながれ

野生鳥獣防護柵設置事業補助金交付手順[PDF:106KB]

電気柵を設置する際の安全確保について

 電気柵を設置する際には適切な方法で設置しないと人に重大な危害を及ぼす恐れがあります。電気柵を設置する場合は、電気事業法の規定に基づく適切な感電防止対策を講じるようお願いいたします。
 詳細は、鳥獣被害対策用の電気さくを設置する際の安全確保についてを参照ください。

お問い合わせ

農林整備課
住所:本町1-4-1 本庁舎4階
TEL:0287-23-8126
FAX:0287-23-8782

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード