市に提出される申請書等への押印を省略します

公開日 2021年06月01日

大田原市の押印見直しの取組

 本市では、平成29年4月に策定した「押印見直しガイドライン」により、市民や事業者の方が提出する書類(申請書、申込書、届出書等)への押印の見直し(押印省略)を行ってきました。
 このたび、市民や事業者の負担軽減をさらに進め、今後進めていく手続きのオンライン化を推進しやすい環境を整えるため、令和3年3月にガイドラインを改訂するとともに押印の特例に関する例規を制定し、押印の見直しをする書類の対象を拡大しました。

押印を省略する書類

 様式に「印」の表示があっても押印を省略できる書類は次の「押印義務を廃止する様式一覧」のとおりです。
 ご不明な点は提出先の担当課にお問い合わせください。

押印義務を廃止する様式一覧(令和3年6月1日時点)[PDF:335KB]

(注意)様式一覧には、平成29年4月策定のガイドラインに基づき押印の見直しを行った様式を含みます。

押印が必要となる書類

  • 法令等により押印が義務付けられているもの
  • 金銭の請求又は領収にかかわるもの
  • 登録印の押印を求めるもの
  • 重要な本人の意思の確認を求めるもの(委任状、誓約書等)
  • 厳格な本人確認を必要とする押印の必要性が高いもの

 法令等の改正があれば適宜対応していきます。

お問い合わせ

総務課
総務法規係
住所:本町1-4-1 本庁舎6階
TEL:0287-23-8702
FAX:0287-22-4485

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード