ブックタイトル広報おおたわら 2020年3月号(No.1272)

ページ
9/30

このページは 広報おおたわら 2020年3月号(No.1272) の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2020年3月号の電子書籍版です。

9湯湯津上庁舎黒黒羽庁舎生生涯学習センター体県立県北体育館本本庁舎(新庁舎)康おおたわら塾健 高齢期は複数の病気を抱えている方も多く、身体的にも精神・心理的にも不安を抱えやすい傾向にあります。高齢期の生活に必要な力を維持していくためには、生活習慣病予防など病気の予防はもちろんですが、フレイル予防も大切なポイントになってきます。 フレイルは下の図のように、健康な状態と介護が必要な状態の間の段階のことで、介護が必要な状態になる危険が高い状況にあると言われています。しかし、フレイルは早期に気づいて対策を取ることで、再び健康な状態へ戻る可能性があります。 また、フレイルの要因としては、筋力の低下などの身体的な側面だけではなく、意欲の低下や認知機能の低下などの精神・心理的な側面や、家に閉じこもりがちとなり人と接する機会が減少する社会的な側面など、幅広く考えていく必要があります。 ささいな衰えは、自分では気づきにくい場合もあります。フレイル予防には、家族や周囲の気づきも大切になります。高齢期は生活習慣病予防とフレイル予防をフレイルとは健康フレイル要介護状態へ2020.3精神・心理的社会的筋力の低下・低栄養など認知機能の低下・うつ症状など人と接する機会の減少など【フレイルにはさまざまな要因があります】身体的