ブックタイトル広報おおたわら 2020年3月号(No.1272)

ページ
22/30

このページは 広報おおたわら 2020年3月号(No.1272) の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2020年3月号の電子書籍版です。

2020.3 22地域のひろば 市内の公共交通は、市営バス、関東バスおよびデマンド交通が運行しています。これらの公共交通を利用する際に、次の方は運賃が減免となります。〇市営バス(運賃200円)■小・中学生、65歳以上の市民の方、および障害者の方は100円〇関東バス(大田原管内は運賃200円)■小学生、65歳以上の市民の方、および障害者の方(精神障害の方を除く)は100円 〇デマンド交通(運行区域内の方は運賃300円)■減免となる方…▼小・中学生:150円▼高・大学生200円▼③65歳以上の市民の方 :150円▼障害者:150円※なお、運行区域外の方は運賃が異なります。〇減免を受ける際に提示するもの ▼高校生・大学生:学生証▼65歳以上の市民の方:大田原市民証、マイナンバーカード(4月1日より適用)▼障害者:各種障害者手帳〇その他、定期券についても減免制度があります。詳細は、左記までお問い合わせください。〇市ホームページにて、運賃表・バス路線図・デマンド交通の運行情報を掲載中です。vol.13知って得するくらし情報問生活環境課 本2階 (23)8832 協力隊として2年が経過して…報告者:杉す ぎ の野 員かずひろ啓隊員vol.26政策推進課 本6階 (23)8794 水は私たちが生きていくうえで欠かすことのできないものです。水道のない時代、飲み水や生活に必要な水は、湧水や清水を利用していました。 さらに、水の湧き出る場所は物語も伝えます。蜂巣に鏡が池という湧き水をたたえた池があります。昔、帝に寵ちょうあい愛された玉た ま も藻の前という美女がいましたが、その正体は妖よ う こ狐 でした。正体を見破られた玉藻の前は都から逃げ、蝉せみに化けて那須野が原に隠れ住みました。 しかし、池に映った真の姿を見た武士たちによって討たれてしまいます。化けた姿の正体を見せたので、鏡が池と呼ばれるようになりました。池のほとりには、祠と「玉藻稲荷神社」が建立されています。 歴史民俗資料館では、3 月8 日まで冬季ミニパネル展「探検! 大田原の自然~那須野に湧くいのちの泉~」を開催しています。湧水にまつわる物語や伝承も紹介していますので、ぜひご来館ください。歴史民俗資料館 (98)2151那須野に湧くいのちの泉市内を運行する公共交通には            減免制度があります。市営バス関東バスデマンド交通市内路線バスデマンド交通鏡が池(蜂巣)時間が経つのは早く今年の4月で私が地域おこし協力隊として大田原市へ移住し、『農業の振興』を活動目標に新規就農を目指して2年になります。就任当初は作業に不慣れなため、ご迷惑をおかけすることもありましたが研修先および周辺農家の方々や、JAなすの、那須農業振興事務所など関係各位の多くの皆様にご指導、ご協力を得て現在はネギ農家として就農出来るよう0からのスタートですが、専業農家として生活していくことを念頭に置き日々農業研修に取り組んでいます。 協力隊としての任期も残りあと約1年となりました。協力隊任期後の新規就農に向けた農地を現在探しているのですがまだ見つかっていない状況です。私自身、大田原市にぜひとも定住したいと考えており、農地についてお貸しいただけるなど、ご連絡をいただけましたら幸いです。よろしくお願いします!(連絡先については協力隊Facebook や大田原市政策推進課までお願いします!)