ブックタイトル広報おおたわら2019年4月号(No.1261)

ページ
29/34

このページは 広報おおたわら2019年4月号(No.1261) の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2019年4月号の電子書籍版です。

29naphtawaraスナップおおたわら事業所の資質向上を目指して 介護サービスの質の向上を目指して、介護サービスごとに設置されている施設サービス部会、居宅サービス部会、地域密着型サービス部会、それぞれが研究テーマを決め、研修を重ねてきた成果を発表しました。また、介護サービスご利用者ご家族さまより、在宅介護の体験談を発表いただきました。大田原市介護サービス事業者連絡協議会研究発表会1/23あこがれのプロ棋士と一緒に 第68回王将戦第3局前夜祭がホテル花月で行われ、第12回大田原市小中学校将棋大会の優勝者および準優勝者親子20名が招待されました。前夜祭では両対局者の直筆の色紙などが当たる抽選会や、憧れのプロ棋士との写真撮影などが行われ、楽しいひと時を過ごしました。2/5第68期王将戦第3局前夜祭祝開通 都市計画道路3・3・2 号大田原野崎線のうち、主要地方道大田原・高林線から市道市役所通り線までの区間(中央工区)が開通しました。当日は開通式典および開通記念協賛イベントが行われ、地元自治会(荒町、栄町)による屋台の「ぶっつけ」や与一逸品物語による模擬店が開通に華を添えていただきました。この開通により交通渋滞の解消および中心市街地の活性化が期待されます。2/17都市計画道路3・3・2号大田原野崎線(中央工区)開通 大田原市福祉ふれあいまつり寄付 福祉ふれあいまつりは、障害のある方もない方も共に支えあい楽しめる福祉のまちを目指して、大田原市福祉ふれあいまつり実行委員会主催で毎年開催されています。平成30年10月に道の駅那須与一の里で開催した福祉ふれあいまつりの模擬店や福祉バザーなどで得た益金を、久保勝実行委員会委員長より大田原市社会福祉協議会に寄付していただきました。2/8共に生きる福祉のまち2019.4