ブックタイトル広報おおたわら2019年4月号(No.1261)

ページ
26/34

このページは 広報おおたわら2019年4月号(No.1261) の電子ブックに掲載されている26ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2019年4月号の電子書籍版です。

26地域のひろば問生活環境課 本2階 (23)8775 こどもエコクラブとは地域において環境保全に関する活動を行うクラブです。子供たちの環境保全活動や環境学習を支援することにより、子供たちが人と環境の関わりについて幅広い理解を深め、自然を大切に思う心や、環境問題解決に自ら考え行動する力を育成し、地域の環境保全活動の環を広げることを目的としています。 現在市では、ガールスカウト23団と大田原中学校が登録されています。■活動(ガールスカウト23団の年間行事例)4月…足尾の植樹デー参加5月…リサイクルセール(ふれあいこどもまつり)6月…リサイクルショップ参加(ガールスカウトふれあいの日)7月…エコクラフト・エコクッキング(キャンプ活動の一環)8月…水生生物教室、エコクラフト作り(与一まつり参加)10月…リサイクルについての学習12月…エコ壁新聞づくり2月…エコクラフト・エコクッキング(森の宿営)■参加の仕方 すでにあるクラブに加入するか、新たにクラブを作ります。新たに作る場合は、一緒に活動する仲間(3歳~高校生)と活動を支える大人(20歳以上)を集めて登録します。子供1人と大人1人からなので親子でもクラブを作れますし、学校や育成会でも作れます。登録料・年会費などはかかりません。詳細は、こどもエコクラブのホームページをご覧いただくか、生活環境課へお問い合わせください。こどもエコクラブに参加しませんか?vol.5知って得するくらし情報 本品は、屋島の戦いの名場面や史跡を描いた刷物で、昭和7年(1932)に屋島のある地元・香川県高松市の出版社が発行しました。資料名にある「壇之浦」とは、平家が滅亡した壇ノ浦(現、山口県下関市)ではなく、屋島にある地名(檀ノ浦)を指します。 本品の中央に、萌もえぎいろ葱色の大鎧を着た与一を大きく描き、奥に扇の的と平家の女官を描いています。また、その周りには錣しころび引きや佐藤継信の討死など、様々な屋島の戦いのエピソードが描かれています。ちなみに与一の馬は、『平家物語』では黒馬とされていますが、本品では栗毛で描かれており、大変興味深い点といえるでしょう。 伝承館では、本品を4月23日(火)まで展示しています。問那須与一伝承館  (20)0220元暦元年三月屋島壇之浦源平合戦之図元暦元年三月屋島壇之浦源平合戦之図 今回は当館所蔵の作新館文庫(大関文庫)の中から『英語箋前編』を紹介します。これは日本語と英語を対訳した単語集で、1839年にバタヴィア(オランダ領時代のインドネシアの首都、現ジャカルタ)で出版されたメドハーストの著作『英和・和英語彙』の翻訳版です。 袋綴、木版刷り、全3冊で、寸法は縦26・0㎝、横18・0㎝です。写真は第1冊で、34丁からなり、第2冊と第3冊は39丁です。ともに井上修しゅり 理校正、村上英えいしゅん俊校閲により、江戸日本橋二丁目の山城屋佐兵衛から出版されています。因みに、『英語箋後編』4冊は室岡東洋・上原塢ういちろう一郎校正、村上英俊校閲、文久3年(1863)出版です。 村上英俊(1811~90)は、下野国那須郡佐久山宿(現大田原市佐久山)出身の幕末期~明治中期のフランス学者で、佐久間象しょうざん山の勧めによりフランス語を学習したことが知られ、多数の著作があります。 本資料は、当館大関記念室において展示中です。英語箋前編第68回英語箋前編問黒羽芭蕉の館  (54)41512019.4