ブックタイトル広報おおたわら2019年4月号(No.1261)

ページ
24/34

このページは 広報おおたわら2019年4月号(No.1261) の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2019年4月号の電子書籍版です。

 クラブ員の資質向上と農村女性の地位向上を図ることを目的として、現在36名の会員で活動しています。大田原マラソンでのけんちんうどんの提供など、各イベントへの参加や三五八床の製造、提供を行っています。新会員には、農生研のエプロンとジャンパーを配布。●会費…2000円問申農政課 本4階 (23)8708●日時…4月14日(日)午前10時(受付:午前9時30分~)●場所…道の駅那須与一の郷研修室●費用…無料(植替え希望の方はプラ鉢、土、肥料代として1000円)●持ち物…手袋(植替え希望の方は株を持参。)問申道の駅那須与一の郷 (23)8641とができます。▼借換が可能な資金:小口・設備・特別小口零細企業資金※創業支援資金は借換ができません。▼借換えるための資金:小口資金▼対象:市制度融資の既存融資がある方で、借換により健全な事業活動の維持を図ることができる中小企業者。※据置期間にある貸付は対象外。借換えの可否は、取扱金融機関・信用保証協会の審査があります。《創業支援資金の利子補給制度》 市内での創業を支援するために、創業支援資金の融資額の1%または支払った利子額のいずれか少ない金額を補助します。※市税に滞納がある方はご利用できません。●申込方法…市内の銀行、信用金庫、信用組合へご相談ください。問商工観光課 本4階 (23)8709制度名どんなときに使えるか融資を受ける条件融資限度額返済期間と利率返済方法保証人小口資金・商品(材料)の仕入資金・運転・借換資金・買掛金などの決済資金・その他諸経費の支払・中小企業基本法に定める中小企業者であること・市内において1年以上引き続き同一事業を営んでいること・その経営が健全であり返済能力が確実であると認められること・信用保証協会の保証が受けられるもの1年度1事業者につき1,000万円以内3年以内 年1.5%5年以内 年1.8%7年以内 年2.1%月賦返済または一括返済個人は不要・法人は原則代表者のみ設備資金・機械・設備・車両の購入資金・店舗・工場・建物などの新改築資金1年度1事業者につき2,000万円以内5年以内 年1.8%7年以内 年2.1%10年以内 年2.4%特別小口零細企業資金上記のすべての用途に利用できます。(借換資金としては利用できません。)上記の条件のほか、・中小企業信用保険法に定める小規模企業者であること・信用保証協会の保証残高が2,000万円以下であること1事業者につき2,000万円以内(1回の上限額は使途が小口資金と同じ場合は500万円、設備資金と同じ場合は1,000万円)3年以内 年1.5%5年以内 年1.7%創業支援資金・市内で創業しようとしている個人または企業・市内で創業後1年未満の中小企業者・信用保証協会の保証が受けられるもの1事業者につき500万円以内5年以内 年1.8%242019.4 市では、中小零細企業の経営の安定や成長を支援するため、必要な事業資金を円滑に調達することができるように融資制度を設けています。《事業資金の円滑な借り入れを促進》 市内金融機関に融資の元本の一部となる資金を預託することで、一般の金融機関の貸付利率より低金利で中小、零細企業者が資金を借りられるようにしています。また、固定金利で融資を受けられます。《借り入れの際の経費負担を軽減》 融資を受ける際にかかる栃木県信用保証協会の公的保証料を補助します(小口資金と設備資金は2分の1、特別小口零細企業資金と創業支援資金は全額補助。また、限度額の範囲内で年に何回融資を利用しても補助されます。)《市内中小・零細企業の円滑な資金繰りを支援するための対策》 市制度融資の既存貸付残額を新規融資により借換えるこ市の制度融資をご利用ください大田原市農村生活研究グループ協議会の会員に入ってみませんかシンビジウム(洋ラン)栽培・植替え講習会