ブックタイトル広報おおたわら2019年4月号(No.1261)

ページ
18/34

このページは 広報おおたわら2019年4月号(No.1261) の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2019年4月号の電子書籍版です。

全科目受講できる方)●定員…30名(先着順)●費用…年額5000円※ほかに、国際医療福祉大学との連携講座や市教育委員会主催事業などの特別講座があります。●申込方法…4月10日(水)~5月8日(水)に左記に電話で申し込み。問申生涯学習課 生 (23)2100■黒羽芭蕉の館テーマ展 「黒羽の陶器 かなめ焼」 黒羽地区では、江戸時代後期の「岡の台瀬戸焼」の伝統を受ける形で、明治39年(1906)から大正14年(1925)にかけて、「かなめ焼」という陶器が焼成されていました。当館では、かつて那須・塩原など観光地の土産品や記念品として好評を博し、芸術性の高さも評価されている「かなめ焼」を紹介する展覧会を開催します。●日時…4月27日(土)~5月12日(日)●場所…黒羽芭蕉の館研修室●テーマ…「黒羽の陶器 かなめ焼」●内容…「かなめ焼」作品約60点を展示●費用…大人300円(200円)小中学生100円(50円)※( )内は20名以上団体料金【黒羽芭蕉の館講座申し込み】問黒羽芭蕉の館 (54)4151 (54)4188で申し込み。■講座「黒羽藩主大関家の家譜を読む」 江戸時代後期の黒羽藩11代藩主大関増ますなり業が編さんした大関家の家譜『多た じひけいでん治比系伝』を一緒に読み進めながら、大関晴はるます増・資すけます増を中心とした黒羽の安土桃山時代にふれてみませんか。※本講座は「とちぎ県民カレッジ登録講座」です。●日程…①5月25日(土)②8月10日(土)③10月5日(土)④11月9日(土)⑤12月7日(土)⑥2020年1月11日(土)⑦2月1日(土)●時間…午後1時30分~3時30分●申込方法…4月16日(火)~5月24日(金)に下記へ直接または電話またはFAXで申し込み。【講座共通事項】●場所…黒羽芭蕉の館研修室●講師…新井 敦史(当館学芸員)●定員…40名(先着順)●費用…無料●持参品…鉛筆、ノート182019.4■講座「近世の版はんぽん本 で読む『おくのほそ道』東北篇」 江戸時代の版本をテキストにして、松尾芭蕉の傑作『おくのほそ道』を一字ずつ臨書しながら読み進めます。※本講座は「とちぎ県民カレッジ登録講座」です。●日時・内容…①5月18日:しのぶの里~佐藤庄司が旧跡②6月1日:佐藤庄司が旧跡~飯塚③8月3日:飯塚~笠島④8月17日:笠島~武たけくま隈の松⑤9月7日:武隈の松~宮城野⑥10月12日:宮城野~壺の碑いしぶみ⑦11月23日:壺の碑~末の松山・塩しおがま竃の浦⑧11月30日:末の松山・塩竃の浦~塩竃の明神⑨12月14日:塩竃の明神~松島⑩2020年1月18日:松島~松島の夜⑪2月8日:松島の夜~瑞ず いがんじ巌寺⑫2月29日:瑞巌寺~石の巻⑬3月7日:石の巻~平泉※毎回土曜午後1時30分~3時30分●申込方法…4月16日(火)~5月17日(金)に下記へ直接または電話またはFAX黒羽芭蕉の館講座およびテーマ展 大田原の歴史や自然、健康やまちづくりなどについて学んでみませんか。●履修期間…6月~2021年2月(2年間)●場所…生涯学習センターなど●時間…午後6時30分~8時30分(市主催講座)●対象…市内に在住または在勤する18歳以上の方(原則、大田原市民大学第19期生募集主催講座日程講義名講師一般教養科目6月6日(木)御亭山に住む姫~綾織が池の伝説をめぐって~木村 康夫 氏大田原歴史民俗資料館長7月4日(木)侍塚と那須国造碑~水戸光圀公による調査・保護~眞保 昌弘 氏国士館大学文学部准教授7月18日(木)那須の縄文時代を考える上野 修一 氏なす風土記の丘湯津上資料館長8月8日(木)幕府で活躍した大関増裕と幕末維新期の黒羽藩新井 敦史 氏黒羽芭蕉の館学芸員9月12日(木)加治屋開墾と西郷農場金井 忠夫 氏那須野が原博物館学芸員現代的課題科目6月13日(木)地域で求められる傾聴渡邊 純子 氏傾聴ハピネス代表6月27日(木)こころとからだの健康寿命小林 恒之 氏帝京大学医療技術学部准教授8月22日(木)健康のためなら死んでもいい ?吉澤 史昭 氏宇都宮大学農学部教授8月29日(木)大田原の伝統竹工芸について柏村 祐司 氏県立博物館名誉学芸員9月下旬予定現地視察(大田原市内)