ブックタイトル広報おおたわら2019年4月号(No.1261)

ページ
15/34

このページは 広報おおたわら2019年4月号(No.1261) の電子ブックに掲載されている15ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2019年4月号の電子書籍版です。

り継ぐ度に「乗継乗車券」をお求めください。■デマンド交通「らくらく与一号」で路線バス定期券と市営バス回数券が使えます 市営バス定期券または関東バス定期券(市内)をお持ちの方は、その定期券を使い「らくらく与一号」も乗車できます。市営バス回数券をお持ちの方は、現金の代わりに回数券が使用できます。●バス定期券の使い方…らくらく与一号降車の際に、乗務員へ定期券を見せます。●市営バス回数券の使い方…らくらく与一号降車の際に、乗務員へ回数券を渡します。運賃不足の場合は、現金と一緒に出します。回数券ではお釣りが出ません。問生活環境課 本2階 (23)8832 認知症に関する相談や、介護している中での悩みや情報交換など、本音で話ができる場です。●日時…4月21日(日)、5月19日(日)、6月16日(日) 午後1時30分~3時30分●場所…生涯学習センター問各地域包括支援センター▼中央 (20)1001▼西部 (20)2710▼東部 (53)1880問高齢者幸福課 本3階 (23)8757 次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。●対象…「国民年金第1号被■路線バスとデマンド交通「らくらく与一号」の乗継割引を始めます 市営バスまたは関東バスと「らくらく与一号」を乗り継いだ利用者の運賃を100円割引します。●割引の受け方…「大田原市乗継乗車券」を使用して、割引されます。●乗継乗車券の使い方…バスから「らくらく与一号」へ乗り継ぐ場合▼バスで乗継乗車券を受け取る:降車の際に乗務員へ「らくらく与一号に乗り継ぎます。」と伝え、乗継乗車券を受け取ります。▼らくらく与一号で割引を受ける:降車の際に乗務員へ乗継乗車券を渡し、100円を引いた運賃を支払います。※らくらく与一号から路線バスに乗り継ぐ場合も割引になります。バスからバスへ、らくらく与一号かららくらく与一号への乗り継ぎは割引になりません。●有効期限…発行日のみ。乗15湯湯津上庁舎黒黒羽庁舎生生涯学習センター体県立県北体育館本本庁舎(新庁舎)2019.4保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方。※出産には、妊娠85日(4カ月)以上の死産、流産、早産を含む。●国民年金保険料が免除される期間…出産予定日または出産日が属する月の前月から4カ月間(多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3カ月前から6カ月間)●申請受付開始日…4月1日※出産予定日の6カ月前から申請可能。(申請期限はありません。)●申請書の提出先…年金事務所または市国保年金課窓口●必要書類…印鑑・年金手帳・出産予定日または出産日が確認できる母子手帳など問大田原年金事務所 (22)6311 本年は、県内100地区を対象として6月と7月の2回に渡り実施されます。4月中旬以降、栃木県知事または宇都宮市長の発行する身分証を携帯した調査員が、対象地区のお宅に直接、調査のお願いに伺います。電話などで調査内容をお聞きすることはありません。調査地区は、本市の一部を含みます。調査内容などの詳細は、県ホームページまたは左記へお問い合わせください。問県健康増進課 028(623)3094●参加申込期間…4月5日(金)午後1時~4月22日(月)午後2時●入札期間…5月14日(火)午後1時~5月21日(火)午後1時※詳細は市ホームページまたはヤフオク!ホームページをご覧ください。問財政課 本6階 (23)8795ひなげしの会平成31年4月から第1号被保険者に対する国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります2019年国民生活基礎調査を実施します公有財産を売却します市内公共交通で新たな割引が始まりますくらし年金・国保