ブックタイトル広報おおたわら 2017年9月号(№1242)

ページ
2/32

このページは 広報おおたわら 2017年9月号(№1242) の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2017年9月号の電子書籍版です。

~子育てにやさしいまち「おおたわら」の推進のために~子育て世代包括支援センターがオープンしました子育て世代包括支援センターとは 初めての妊娠。うれしいけれど、わからないことだらけだと思います。 「気分がすぐれなくて、生まれるまで頑張れるかな?」「おなかの赤ちゃんは、元気に育っているのかな?」「育児用品って、何をどれくらい、準備したらいいの?」「お産って、痛いって言うけど、頑張れるのかな?」といった、出産までの悩みはもちろん、「赤ちゃんがずっと寝てくれないので、自分も寝ることができずにつらかった。」「生まれる前は、何とかなると思っていたけれど、予想以上に大変だった。」など、出産後にも不安や悩みがたくさんあります。一生懸命やっても、思うようにならないことばかりで、自分を責めて、ストレスがたまってしまうかもしれません。 そんな新米お母さんに、ぜひ利用していただきたいのが、この「子育て世代包括支援センター」です。当センターでは、保健師が相談に応じ、お母さんやお子さんの健康、子育てについての不安や悩みなど、さまざまな相談に対応します。 ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。 子どもの体重が気になっていましたが、計測してもらい、きちんと大きくなっていることが分かって良かったです。 また、ほかの人が抱っこしても泣かないのに、私が抱っこすると赤ちゃんが泣いてしまうことが多く、なぜなのか分からず私の抱き方に問題があるのではないか、自分が悪いのではないかと心配していましたが、ゆっくりお話をきいてもらい、不安が解消しました。遣事業    ・産後ケア事業  ・ショートステイセンター    ・子育てサロン  ・つどいの広場前澤 真理さん/(まえざわ・まり)由奈ちゃん(2か月)/(ゆな)こんにちは赤ちゃん訪問に来ていただいて妊 娠 期・生理が遅れている・思いがけず妊娠したかもしれない・誰にも相談できずにいる・出産するかどうか迷っている・初めての妊娠・出産で不安 など子育て期― 赤ちゃんの様子 ―・パパにも手伝ってほしいけど どう伝えたらいいの?・赤ちゃんがなかなか泣きやまない…・赤ちゃんの成長が気になる・母乳、ミルクは足りている?産後育児期ちは赤ちゃん訪問継続的な困りごと支援支援計画の作成)・乳幼児健康診査・予防接種・乳幼児健康相談・各種教室、相談・必要時、継続的な困りごとの相談、支援子育て期― お母さんの様子 ―・育児と仕事、両立できるかな…・イライラして子どもにあたってしまう・身近に助けてくれる人がいない・子育てが楽しく思えない ・子育てをしていて孤独を感じてしまう ・赤ちゃんのお世話が上手にできない  ・家事が上手にできない― 2017.9 2