ブックタイトル広報おおたわら 2016年8月号(№1229)

ページ
13/34

このページは 広報おおたわら 2016年8月号(№1229) の電子ブックに掲載されている13ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

栃木県大田原市の広報おおたわら2016年8月号の電子書籍版です。

用紙に住所、氏名、連絡先を明記のうえ、郵送、FAX、メールまたは直接提出してください。※電話での受付不可。●意見の取り扱い…▼提出いただいたご意見は、担当課で検討し、これに対する市の考え方を後日公表します。▼個々のご意見に対して直接、個別の回答はしません。▼意見公募結果の公表にあたっては、ご意見提出者の氏名その他の個人情報は公表しません。●構想(案)の項目…▼基本理念▼まちの将来像▼施策の大綱問申政策推進課 A2階〒324 ‐ 8641大田原市本町1 ‐ 4 ‐ 1 (23)8701  (23)8748 seisakusuishin@city.ohtawara.tochigi.jp印鑑登録証明書のコンビニ交付についてマイナンバーカードの利用拡大のお知らせ問市民課  1階  (23)8752 これまで、マイナンバーカードを利用して、コンビニエンスストアに設置されている多機能端末機から印鑑登録証明書を取得するためには、電子証明書用の暗証番号(※ 1)を設定した上で、印鑑登録証をマイナンバーカードに統合する必要がありました。 マイナンバーカードの普及の促進と利便性およびサービスの向上を図るため、条例改正を行い、7月1日からは、印鑑登録証をマイナンバーカードに統合していない場合でも、マイナンバーカードと暗証番号(※1)により、コンビニエンスストアでの印鑑登録証明書の取得が可能となりました。なお、このことによる特別な届出は、必要ありません。※ 1 利用者証明用電子証明の暗証番号になります。※ 2 現在市が提携しているコンビ二エンスストアは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルK サンクスです。カードの種類○市民カード兼印鑑登録証○マイナンバーカード利用できる場所○市役所窓口(本庁・湯津上支所・黒羽支所・両郷出張所・須賀川出張所)○自動交付機(本庁・湯津上支所・黒羽支所)※自動交付機用の暗証番号の設定が必要。○市が提携している全国のコンビニエンスストア (※ 2) 早朝から深夜(6:30 ~ 23:00)まで、土日祝日も対応。ただし、12/29 ~ 1/3 を除く。※市役所窓口および自動交付機での各種証明などの交付には利用できません。取得できる証明書等◎住民票の写し ◎印鑑登録証明書◎各種税証明書◎住民票の写し ◎印鑑登録証明書(7 月1日から)◎各種税証明書※以下の表は、マイナンバーカードに印鑑登録証を統合していない場合の例となります。カードの種類と利用できる場所および取得できる証明書等次期大田原市総合計画の基本構想に関するパブリックコメントを募集 平成29 年度からの10 か年のまちづくりの考え方を示す次期大田原市総合計画の基本構想(案)を作成しましたので、内容に対して広く市民の皆さんからご意見(パブリックコメント)を募集します。●意見を提出できる方…次のいずれかに該当する方(個人、団体を問いません)▼市内在住、在勤または在学中の方▼市内に事務所や事業所を有する方▼市に納税義務のある方▼今回の構想案に利害関係のある方●構想案の公表および閲覧方法…下記の提出期間中、次のいずれかの方法により構想案を閲覧または入手できます。▼市ホームページ▼政策推進課窓口▼湯津上支所窓口▼黒羽支所窓口※閲覧受付は、平日午前8 時30 分~午後5 時●提出期間…8 月1 日(月)~ 30 日(火)※当日消印有効●提出方法…閲覧場所に備え付けの意見書または任意の13 2016.8