黒羽芭蕉の館企画展「文化人大名 大関増業の編著書」

公開日 2022年11月08日

チラシ(表)

本年は、黒羽藩11代藩主の大関増業が編纂した『止戈枢要』(しかすうよう)の完成から200年となる節目の年です。

これを記念し、増業が遺した膨大な編著書(文化遺産)を紹介する企画展を開催します。

チラシはこちらからご覧ください。芭蕉の館企画展_文化人大名大関増業の編著書チラシ[PDF:1.43MB]

会期

令和4年11月2日(水曜日)から12月11日(日曜日)まで

休館日

毎週月曜日

観覧料

  • 大人300円(200円)
  • 小中学生100円(50円) 
  • ( )内の料金は20名以上の団体料金です。

主な展示資料

  • 『止戈枢要』(栃木県指定文化財)
  • 『創垂可継』(栃木県指定文化財)
  • 『熊野日記』
  • 黒羽版『日本書紀』

等78点の書籍・資料を展示します。

展示会図録

1冊800円(A4判、32頁)で販売しています。

詳細は、こちらのページをご覧ください。

アクセス・黒羽芭蕉の館について

こちらのページをご覧ください。

関連ワード

お問い合わせ

文化振興課
黒羽芭蕉の館
住所:前田980-1
TEL:0287-54-4151
FAX:0287-54-4188

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード