ライト4(フォー)運動

公開日 2021年10月14日

午後4時には車のライトをつけましょう

例年、日没が早まる10月以降は交通事故が顕著に増加する傾向にあり、なかでも午後4時から午後6時までの時間帯は、車と歩行者が衝突する交通事故が多発する傾向にあります。

栃木県警では、「ライト4(フォー)運動」と銘打ち、午後4時に前照灯を点灯する運動を実施しています。

日没前の午後4時から、前照灯の早め点灯を心がけ、交通事故を防止しましょう。

キャッチフレーズ「16時だよ!全員点灯」

ライト4運動

 

夜間の原則ハイビーム

過去5年間における夜間発生の歩行者の死亡事故はすべての車がロービームであり、その大多数が、ハイビームで走行していれば防ぐことができたと思われる事故であるにもかかわらず、いまだ8割以上の車がハイビームを使用していないのが現状です。

街灯が少ない暗い道などを走行する時は、前照灯をハイビームにすることで歩行者などを遠くから発見することができ、交通事故の回避につながります。

ただし、ハイビームは他の車両などを眩惑させる恐れがありますので、交通量の多い道路や対向車とのすれ違うときは、ロービームに切り替えてください。

また、夜間は昼間に比べて視界が悪くなるため、歩行者や自転車などの発見が遅れる上、速度感が鈍り、速度超過になりがちですので、昼間より速度を落として慎重に運転しましょう。

夜間の原則ハイビーム

お問い合わせ

危機管理課
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-1115
FAX:0287-23-8895
地域安全係
TEL:0287-23-9301