黒羽芭蕉の館 テーマ展「幕末・明治期の益子焼」開催中

公開日 2021年04月30日

 県内各所の窯場で江戸時代から生産されてきたやきものの中で、現在まで存続し、多くの人々に愛され続けているものの一つに益子焼があります。
 江戸時代、芳賀郡益子村は黒羽藩領となっていたので、嘉永5(1852)年に始まる益子焼は、同藩の支配と保護を受けて発展しました。
 当館では、これら古い時代の益子焼の数々を鑑賞いただくことを目的として、テーマ展を次のとおり開催しています。

tenji masikoyaki

会 期

 令和3年5月9日(日曜日)まで
 ※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、会期が変更となる場合があります。

開館時間

 午前9時から午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで)

展示場所

 黒羽芭蕉の館 研修室

入館料

  • 大人(高校生以上)300円(10名様以上は団体料金200円)
  • 中学生以下 無料

 ※ミュージアム割引(愛称:M割)は団体料金適用

感染症予防にご協力ください

 当館では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ご来館の方全員にマスクの着用や入り口での手指の消毒、来館者カードへのご記入(お名前・ご住所・ご連絡先・体温・体調)をお願いしております。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。

地図

黒羽芭蕉の館

関連ワード

お問い合わせ

文化振興課
黒羽芭蕉の館
住所:前田980-1
TEL:0287-54-4151
FAX:0287-54-4188