令和3年4月 大田原市定例記者会見

公開日 2021年04月19日

情報提供案件

  1. 大田原市総合計画後期基本計画の策定に伴う市民意識調査の結果について
  2. 大田原市内部統制基本方針の策定について
  3. 第4次大田原市行政改革大綱の策定について
  4. 新型コロナワクチン接種について
  5. 体育施設に関するネーミングライツ事業の実施について

会見内容

令和3年4月 大田原市定例記者会見動画(youtube)外部サイトへのリンク

1 大田原市総合計画後期基本計画の策定に伴う市民意識調査の結果について

 現在本市は、令和4年度を初年度とする大田原市総合計画後期基本計画を策定しております。計画の策定に当たり、広く市民の皆様から、市政についてのご意見やニーズ、実情等を伺い、本市の抱える課題を抽出する目的で市民意識調査を実施いたしましたので、その結果についてご報告いたします。調査内容は、回答者に関する性別、年齢、居住地区、職業、家族構成等の基礎項目に始まり、5年前と比べて今の暮らし向きはどうか、その理由はなぜか、今後不安に思うことは何かなど「暮らし向きについて」をはじめとして、「大田原市の住み心地について」、「行政への関心について」、「大田原市の全般的な施策や事業等について」、「少子高齢化について」、「今後のまちづくりについて」、「その他の自由意見」の調査項目で実施いたしました。調査対象は、大田原市在住の18歳以上の3,000名を市内各地区の人口割で無作為に選出いたしました。有効回答数は1,655件で、回収率としましては55.2%となります。なお、調査結果の概要等につきましては、お手元の資料のとおりとなります。今後、年代別、性別、地域別に詳細な分析を行いまして、市民の皆様からいただいた貴重なご意見を大田原市総合計画後期基本計画策定に反映させていきたいと考えております。

2 大田原市内部統制基本方針の策定について

 地方自治法第150条第2項の規定に基づく、本市の内部統制に関する取組の方向性を示した「大田原市内部統制基本方針」を令和3年3月30日に策定いたしました。内部統制制度の導入については、指定都市以外の市及び町村については、努力義務とされていますが、事務処理の適正な執行を確保する上で、有用な手段であると判断し、今回方針を定め、今後体制の整備等を図ることとしました。内部統制とは、組織内において業務の処理の適正化を確保する上でのリスクを評価し、リスクに対応するための規範を設けるなど、自らをコントロールする取組のことです。内部統制の有効性を確保する取組として、市役所内の各部署における業務上の様々なリスクを洗い出し、リスクを発生させないための対応策を事前に講じることにより、事務処理の適正な執行を確保するものであります。本市では、対象事務として「財務会計に関する事務」、「個人情報等の保護に関する事務」、「公文書の管理に関する事務」、「情報セキュリティに関する事務」の4つを選定しました。令和3年度に「内部統制の体制の整備及び運用」について試行という形で実施し、令和4年度から本実施いたします。

3 第4次大田原市行政改革大綱の策定について

 本市の行政改革の指針を定める大田原市行政改革大綱の第3次計画期間が令和2年度をもって満了となったことから、令和3年度から令和7年度までの5年間を新たな計画期間とする第4次行政改革大綱を策定いたしました。また、大綱に基づき実施する具体的な20の取組項目を行政改革年度別実施計画書としてまとめ、取組項目ごとに基本目標や数値目標を設定し、目標に対する達成状況を毎年度評価、検証することで業務改善を効果的に行ってまいります。新たな取組については、小項目9 行政手続の利便性向上、小項目10 職員提案制度の充実、小項目14 公共施設の計画的な見直し、小項目16 市単独補助金の適正化の4つとなります。また、行政組織機構の見直し、職員定員管理の適正化、業務の民間委託の推進、ICTを活用した業務の効率化、財政の健全化、市税等の徴収率向上などの取組項目については、第3次計画から引き続いて実施してまいります。

4 新型コロナワクチン接種について

 65歳以上の方、約2万1千人を対象に、4月19日の月曜日から年齢を区切って新型コロナワクチンの接種券及び案内通知を発送いたします。本市のワクチン接種体制につきましては、市内32の医療機関での個別接種と、市役所本庁舎1階での集団接種を併用して実施いたします。どちらの接種も事前予約制となり、個別接種は接種券が届きましたら各医療機関に、集団接種は4月26日の月曜日から専用のコールセンターに電話やインターネットで予約していただくことになります。接種開始時期につきましては、個別接種は5月17日の月曜日から医療機関の診療日、診療時間に実施いたします。開始当初は、ワクチンの供給量が限られているため、1医療機関1日当たり5から10人の接種を行い、ワクチンの供給量が潤沢になれば、32の医療機関で1日当たり最大380人の接種を予定しております。集団接種は、5月9日から毎週日曜日に実施いたしますが、5月23日までは午前9時から正午までの3時間で、 約200人の接種を実施いたします。5月30日からは午前の部3時間と、午後1時から4時までの3時間の計6時間で、最大で500人の接種を予定しております。また、市内の高齢者施設につきましては、5月24日の月曜日から順次接種を開始する予定であります。なお、64歳以下の方につきましては、ワクチンの供給量や接種状況に応じて接種券の発送を行うため、現時点での発送時期は未定であります。

5 体育施設に関するネーミングライツ事業の実施について

 安定的な財源を確保し、利用者等のサービス向上を図るため、美原公園野球場、テニスコート、大田原グリーンパーク及び黒羽運動公園を対象に、ネーミングライツ・パートナーの募集を4月15日から5月17日の期間で実施いたします。6月上旬に審査会を開催し、結果については市ホームページで公表する予定であります。ネーミングライツ事業は、市の施設等に愛称等付与させる代わりに対価を頂き、施設の管理・運営に資するものであります。厳しい財政状況の中、民間の資源やノウハウを活用することにより、施設の魅力や市民サービスの向上を図れるものと考えておりますので、多くの応募をお待ちしております。

(内容は情報政策課広報広聴係で一部編集しております。)

関連ワード

お問い合わせ

情報政策課
広報広聴係
住所:本町1-4-1 本庁舎6階
TEL:0287-23-8700
FAX:0287-23-8798