自立支援医療(更生医療・育成医療・精神通院)受給者証の有効期間の延長(新型コロナウイルス感染症)

公開日 2020年05月18日

新型コロナウイルス感染状況を考慮し、更新申請のために診断書等の取得を目的とした受診を回避するため、自立支援医療の受給者証の有効期間を1年間延長することとなりました。
なお、既に更新申請を受理しているものは、新しい受給者証の発送まで通常どおり行います。

対象となる方

自立支援医療受給者証に記載されている有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの受給者の方

受給者証の取扱い(手続き不要)

現在お持ちの受給者証を引き続きお使いください。
(対象の受給者証の有効期間を読み替える形での対応となります。)

(注意事項)ただし、自己負担上限管理票のページが不足する方については、再交付申請の手続きが必要となります。
自己負担上限額管理票再交付申請書[PDF:99.8KB]

記載事項の変更があった場合

保険証、医療機関、氏名及び住所に変更が生じた場合は、手続きが必要となります。

延長になった期間の所得区分の取扱い

所得区分に関して変更等があった場合は、手続きが必要となります。

添付資料

(5.12)自立支援医療(精神通院)・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方へ(県からのお知らせ)[PDF:79.5KB]

児童福祉法施行規則等の一部を改正する省令の公布及び施行について[PDF:269KB]

自立支援医療省令改正Q&A(5月8日時点)[PDF:49.3KB]

お問い合わせ

福祉課
障害福祉係
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8921
FAX:0287-23-1389

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード