黒羽芭蕉の館企画展「開館30周年記念 下野路を往く松尾芭蕉」

公開日 2019年11月12日

テーマ

「開館30周年記念 下野路を往く松尾芭蕉」

期間

令和元年10月26日(土曜日)から令和元年12月8日(日曜日)まで
月曜日休館(月曜日が祝日の場合は、その次の平日が休館)

内容

松尾芭蕉は元禄2年(1689年)の「おくのほそ道」の旅において、下野国内(栃木県域)に21泊22日滞在しています。その内の黒羽滞在は、4月3日(陽暦5月21日)から4月16日(同6月3日)までの13泊14日であり、これは「おくのほそ道」の旅の中で最長期間となります。

今年が「おくのほそ道」の旅から330年という節目の年で、当館開館30周年となるのを記念して、本年度の企画展は「下野路を往く松尾芭蕉」というテーマで開催します。

  1. 旅立ちから室の八島まで
  2. 例幣使街道から日光へ
  3. かさねとの出会い
  4. 「那須の黒羽」長期滞在
  5. 黒羽出立と高久家滞在
  6. 殺生石と遊行柳
  7. 紀行の最高傑作「おくのほそ道」の軌跡

以上7つのコーナーからなり、87点の資料を展示します。
(その内14点は初公開になります)

本企画展をご観覧いただき、330年前の芭蕉の旅や下野の人々との交流に思いを馳せていただければ幸いです。

なお、ご迷惑をおかけしますが、展示替え作業のため、12月10日(火曜日)は臨時休館とさせていただきます。

ギャラリートーク

当館学芸員が展示解説を行います。

日時 令和元年11月16日(土曜日)午後1時30分から約1時間
申込不要。費用無料(要観覧料)。参加希望者は、開始時刻までに展示室にお越しください。

芭蕉の館_R1企画展ギャラリートーク[JPG:31KB]

利用案内

開館時間

午前9時から午後5時まで

会場

大田原市黒羽芭蕉の館(大田原市前田980-1)

入館料

  • 大人 300円(200円)
  • 子供 100円(50円)
    ()内は20名以上の団体料金

お問い合わせ

文化振興課
黒羽芭蕉の館
住所:前田980-1
TEL:0287-54-4151
FAX:0287-54-4188