子育て世代包括支援センター ~子育てコンシェルジュにご相談ください~

公開日 2021年04月27日

 子育て世代包括支援センターは、妊娠期から子育て期までの、さまざまな不安や相談に対応する相談窓口です。
 大田原市役所子ども幸福課母子健康係内に併設され、専属の「子育てコンシェルジュ」が対応します。

子育て世代包括支援センター概要

受付時間

 月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
 午前8時30分~午後5時15分

相談方法

 面接または電話 ※ 個人情報・秘密厳守。希望により個室対応いたします。
 TEL:0287-23-8634

費用

 無料

相談事例

妊娠期 

  • 思いがけない妊娠
  • 出産するかどうか迷っている
  • 初めての妊娠・出産で不安

子育て期

  • 赤ちゃんが泣き止まない
  • 母乳、ミルクが足りてるか不安
  • 離乳食について
  • 育児と仕事の両立ができるか不安
  • 身近に助けてくれる人がいない
  • 孤独を感じる
  • 子育てが楽しくない
  • イライラして子どもにあたってしまう

 

以下の事業の案内もしています

産後ケア事業

 出産後の体調や育児に不安がある方や、ご家族等から家事や育児のサポートが十分に受けられない方等支援が必要と判断された方を対象に、病院や助産院にて支援を行います。
 宿泊してケアを受ける【ショートステイ】と日中のみ滞在する【デイケア】があります。

対象

 大田原市に住民登録がある生後4か月未満のお子さんとお母さん

利用期間

 1回の出産につき7日以内

ケア内容

  • お母さんと赤ちゃんに対する保健指導及び授乳指導
  • 産後の休息が取れるためのお世話
  • 育児指導  

委託機関

  • 那須赤十字病院(大田原市)
  • こうのとり助産院(大田原市)
  • 国際医療福祉大学病院(那須塩原市)
  • きうち産婦人科(矢板市)
  • さくら産後院(さくら市)
  • 獨協医科大学病院(壬生町)

利用方法

  1. 利用希望者が利用希望施設へ空き状況の問い合わせ及び仮予約
  2. 仮予約後すぐに大田原市子育て世代包括支援センターへ連絡及び申請書の提出
  3. 申請内容及び利用決定の審査
  4. 実際に産後ケアを利用
  5. 利用翌月、市役所から本人負担分の納付書送付
  6. 納付期限までに金融機関等でお支払い

個人負担金額

  • 生活保護世帯                                   なし
  • 市町村民税非課税世帯                                市から委託機関への委託料の10%
  • 産婦及びその夫の前年(1~5月申請は前々年所得)合計所得額が730万円以上の方   市から委託機関への委託料の50%
  • 上記以外の方                                    市から委託機関への委託料の20%

市から委託機関への委託料一覧(令和2年4月1日以降)[PDF:38.6KB]

 ※1 双子以上、2泊3日以上は別途料金となりますので、子育て世代包括支援センター(子ども幸福課)にお問合せください。

 ※2 未申告及び転入等で所得額が確認できない方は、所得証明書・課税非課税証明書等の書類を追加提出いただきます。

 

養育支援ヘルパー派遣事業

 妊娠中及び産後の体調不良や育児不安を抱え、支援が必要とされる家庭に対し、市から委託を受けた事業者が自宅にうかがい、必要な支援を行います。

対象

 妊婦及び生後4か月未満のお子さんがいる支援が必要となる家庭

利用期間

 平日のうち、月8回まで(祝日・年末年始を除く)
 午前9時~午後5時の間で連続した2時間以内

支援内容

  • 育児補助
  • 食事の準備・片付け
  • 衣類の洗濯・片付け
  • 住居内の清掃
  • 生活必需品の買い物
  • その他必要な家事

利用方法

  1. 事前に子育て世代包括支援センター(子ども幸福課)へ連絡及び申請書の提出
  2. 申請内容及び利用決定の審査
  3. 本人と事業者で日程調整
  4. ヘルパーの利用
  5. 利用翌月、市役所から本人負担分の納付書送付
  6. 納付期限までに金融機関等でお支払い

本人負担金額(1時間ごと料金)

  • 生活保護世帯        なし
  • 市町村民税非課税世帯  300円
  • 上記以外の世帯    1,000円

 ※ 未申告及び転入等で課税状況が確認できない方は、課税非課税証明書等の書類を追加提出いただきます。

 

産前産後サポート事業

 助産師や保健師が自宅を訪問し、妊娠や出産・赤ちゃんのお世話等子育てについての悩みや不安を聞き、支援や情報提供を行います。

対象

 身近に相談できる相手がいない等支援が必要な妊婦及び生後4か月未満のお子さんがいる家庭

サポート内容

  • 母乳・育児手技に関する相談支援
  • 産前・産後の心身の不調に関する相談支援

利用方法

  1. 子育て世代包括支援センターに事前に連絡
  2. 訪問日程の調整
  3. 実際に訪問

利用料

 無料

 

お問い合わせ

子ども幸福課
母子健康係
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8634
FAX:0287-23-7632

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード