妊産婦医療費助成事業

公開日 2019年04月01日

大田原市に住所を有する妊産婦の保険診療自己負担の医療費を助成する制度です。

1医療機関(薬局を除く)ごとに、入院・外来それぞれ月500円の自己負担を控除した額を助成しています。 

対象となる期間について

妊娠の届出(母子健康手帳交付)をした月の初日から出産(流産・死産を含む)した月の翌月の末日まで。(転入者は、転入した日から)

妊娠の届出(母子健康手帳交付)より前の月に、明らかに妊娠に起因する産科的疾病のために受診した場合

上記の分については助成の対象となります。

申請をする際は受診した医療機関において、医療費助成申請書の医療機関記入欄に次の証明を受け、市にご提出ください。

  1. 保険種類
  2. 自己負担割合
  3. 診療年月
  4. 保険診療合計点数
  5. 備考(妊娠に関する受診である旨の記載)
  6. 証明日および医療機関の押印 

受給資格の登録について

母子健康手帳交付時や転入届の際に、受給資格登録の申請をし、受給資格者証の交付を受けてください。

申請に必要なもの

  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 通帳またはキャッシュカード 

助成の内容について

医科、歯科、調剤等の保険診療自己負担分が助成されます。

助成の対象にならないもの

  • 保険のきかないもの(妊産婦健康診査、差額ベッド代、任意の予防接種、文書料等)
  • 入院時食事療養費
  • 交通事故など第三者行為によるもの 等 

助成の方法について(償還払い方式)

医療機関にて保険診療自己負担分の支払いをし、その領収書と妊産婦医療費助成申請書を市に提出することで助成されます。

診療月の翌月から1年以内にご申請ください。

1医療機関(薬局を除く)ごとに、入院・外来それぞれ月500円の自己負担があります。

償還払い方式の詳細については、下記のページをご参照ください。

その他の手続きについて

 

の場合は必要な手続きがあります。

  • 市内で住所が変わった、氏名の変更があった場合
  • 市外に転出する場合
  • 口座の名義変更があった場合
  • 加入している健康保険が変更になった場合
  • 受給資格者証を紛失、破損した場合

関連記事

お問い合わせ

子ども幸福課
給付係
住所:本町1-4-1 本庁舎3階
TEL:0287-23-8932
FAX:0287-23-7632